TALI


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


衣替え


秋晴れだから出かけよう
ではなく
もう夏の物を片付けないとね
衣替え
捨てるはずの娘のトレーナー
(五年選手)



ちょっとイタズラしてみよう
まずは胸の位置をなみ縫い



脇と袖を縫い付ける



袖口から綿を詰める



袖口を閉じ
真ん中にも綿を詰める

仕上げ



なんとか完成!

早速乗っかったぞ
こうちゃん寝心地はどう?





あなたには
小さすぎるね



と言ったら
睨むはなちゃん



でっかいトレーナー求む


| - | comments(0) | trackbacks(0) |


なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます



| - | comments(0) | trackbacks(0) |
『ひよっこ』より



「私達が過ごした時間については
私は誰にも話すつもりはない
絶対に・・
私だけの想い出だし
雨男さん(実さん)は
いつか私との時間を忘れてしまう
そうしたら
あの時間が私だけのものになる
そうなれたらいいなと思っているから
私は誰にも話すつもりはないの」

雨男さん(実さん)との日々を自分の心にだけしまう
世津子さん

そして

何があろうと愛を貫く直向きさ
実さんへの愛の深さ
彼女の「大丈夫!」と信じる心の強さ
故の
実さんからの
素敵な二度目のプロポーズ
喜び溢れ
女子会で共有してきゃっきゃ
まるで女学生のように
健気な
美代子さん


世津子さんも
美代子さんも
素敵です
逞しいです
美しい心です


| - | comments(0) | trackbacks(0) |
天上の花


白い彼岸花にやっと出会えました

彼岸花は
「曼珠沙華」そして「天上の花」
とも呼ばれますが
白く柔らかな優しいその佇まいは
まさに「天上の花」でした














白い彼岸花の花言葉は


「想うはあなた一人」と
「また会う日を楽しみに」です




| - | comments(0) | trackbacks(0) |
彼岸花


娘から譲り受けた
十年選手のお古のカメラを持って
三日前
可愛い蕾の彼岸花と出会った場所へ



今日は美しい姿へと



物静かに咲いているけれど
強くて優しい佇まいです


| - | comments(0) | trackbacks(0) |
雨あがり


仕事帰りに待ち合わせて
友とドライブ

午前中の激しい雷雨も遠ざかり
雨あがりの大雄山









大雄山には天狗が棲むと云われており
天狗の強力なパワーを授けてもらえる
そう
今日は悪天候だったこともあり
参拝客も見当たらず
静まり返った樹々の下
友と二人きりで
ゾクッとしながらも
パワーをたくさんもらえたかな?
とにかく
今は私達の健康を祈ろう
章ちゃんいつもありがとう
お互い頑張ろうね

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
完成


秋の夜長
針仕事が捗りました
吾亦紅ポーチ完成♪

でもね
夜更かしはもうお終いにしようと
心に誓う



| - | comments(0) | trackbacks(0) |
秋空に誘われて


こんなにキレイな空だから
家にこもってなんていられない

先日貰ったカメラ
娘が10年前に使っていたお古ですが
練習するのは
「今でしょ!」
というわけで外へ飛び出しだ私

初めましての花との出逢い





たくさんの秋との出逢い





可愛い猫ちゃんとの出逢い



そしてさよなら夏の日



上手く撮れたかな?


| - | comments(0) | trackbacks(0) |
完成!


久しぶりの針仕事

完成したのは
小銭入れ
・・・じゃ、勿体無いから
飴ちゃんでもいれようかなぁ



| - | comments(0) | trackbacks(0) |
秋風に揺れる花


朝晩ひんやりしてきました
秋の入口はすぐそこまで

野原には赤とんぼ
そして
秋風に揺れる『吾亦紅』の花
「我も恋う」
我も恋するをかけているそうです
初めてこれを聞いた時親父ギャグかと
思っちゃった(笑)

『吾亦紅』の名の由来は様々で
鮮やかな赤い薔薇の花とはほど遠い
黒みがかった紅い小さな花をつける
『吾亦紅』が
私も紅の花ですよと主張しているのだと
いうことから名が付いたとも・・

健気で無垢で小さくて可愛いこの花を
私は大好きになりました
花言葉は『愛慕』

まだ見たことのない
細長い茎に赤い小花の集まったその姿を
麻生地に刺繍をしてみました

いつかきっと
出会えますようにと願いを込めて






| - | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/15 | >>